西宮で鼻整形をするまでの過程

自分の鼻に対して大きなコンプレックスを持っていた

自分の鼻に対して大きなコンプレックスを持っていた : 費用が高いことやメスを使用するリスクの伴うのを躊躇していました : 隆鼻術が最も効果的

私は小さい頃からずっと自分の鼻に対して大きなコンプレックスを持っていて、人と目を見て話したり顔を近づけて話すことができない日々が続いていました。
当然男性に対しても恐怖心があり、醜い容姿のせいで嫌われてしまっているのではないか、陰で笑われているのではないかと常に不安な気持ちでいっぱいだったのです。
外を出る時は常にマスクで顔全体を隠すようにして歩き、前髪を長くして少しでも鼻が目立たないようにしていたことは今でも忘れません。
友達にもどうして毎日下を向いて話すのと疑問に思われていましたが、当然鼻に対して酷いコンプレックスを持っていることは打ち明けることができず、何年間も自分に自信が持てずにいたことは悲しい思いでの一つです。
しかし、このままではいけないと思っていたのは確かだったので、自分をもっと好きになれるように、堂々とした態度で人と接する自分へ生まれ変わるようにと鼻整形を行うことを決意しました。
そのきっかけをくれたのは私の母親で、毎日容姿のことで泣いている自分の姿に心を痛め、何か良い解決方法はないかとずっと調べてくれていたのです。
ちょっとおいでと母に言われて居間へ行くと、そっとテーブルのうえに鼻整形のパンフレットが置かれていました。
これは何と聞いたら、優しい笑顔で「これで気になる箇所を直せるかもしれないよ」と言ってく、その瞬間に涙が込み上げてきてむせび泣いてしまったことを覚えています。